読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

112日目: July/21/2016 (MST) - July/21/2016 (PDT)

アリゾナ

休暇最終日。夜のフライトを選択し、日中は宿の近くを案内してくれるツアーに参加。まずは、エアポート・メサからセドナの街を望む。

f:id:gk1024:20160723113744j:plain

f:id:gk1024:20160723113753j:plain

f:id:gk1024:20160723113843j:plain

 

引き続いて、アミタバ・ストゥーパとメディシン・サークル。ここは、チベット仏教とネイティヴ・アメリカンの祈りの場所が近接している。

f:id:gk1024:20160723114109j:plain

f:id:gk1024:20160723114121j:plain

f:id:gk1024:20160723114120j:plain

f:id:gk1024:20160723114127j:plain

 

ミッキー・マウス似のサボテン。ガイドによれば、ウォルト・ディズニーは、このサボテンからミッキーの形のアイデアを得たという*1

f:id:gk1024:20160723114301j:plain

 

ハート型。

f:id:gk1024:20160723114344j:plain

 

開けた場所からカテドラル・ロックを望む。

f:id:gk1024:20160723114705j:plain

 

ゴルフ場内にある、ネイティヴ・アメリカンの聖地、セブン・キャニオン(レイチェルズ・ノル)。腕立てをするトカゲも。

f:id:gk1024:20160723114856j:plain

f:id:gk1024:20160723114855j:plain

f:id:gk1024:20160723114909j:plain

 

ボイントン・キャニオン。この近くに有名人カップルが宿泊したことで日本では有名。

f:id:gk1024:20160723115118j:plain

f:id:gk1024:20160723115122j:plain

f:id:gk1024:20160723115128j:plain

 

「ハートおじさん」として知られるロバートさんと遭遇。ハートの石を貰った。ロバートさんはあっという間に岩を登り、岩の上でフルート。

f:id:gk1024:20160723115348j:image

f:id:gk1024:20160723115342j:image 

「セドナでいちばん気がよい場所」(best vorex; The Vortex)は、土産物屋の中にある。

f:id:gk1024:20160723115613j:plain

 

「ここだよ」という椅子に座ってみたが、よく分からない*2。しかし、そのことを差し引いても、面白いものをいろいろ売っており、楽しい店。

f:id:gk1024:20160723115613j:plain

f:id:gk1024:20160723115917j:plain

f:id:gk1024:20160723115915j:plain

f:id:gk1024:20160723115930j:plain

f:id:gk1024:20160723115929j:plain

f:id:gk1024:20160723115927j:plain

 

巨大ブリトーでランチを済ませ(店員にそれだけ足りるのかとしつこく問われたが、大きすぎるくらいだった)、宿で少し時間を潰した後、シャトルでフェニックス空港へ。フェニックス暑い(約摂氏43度)!写真2枚目はオーク・クリークにて。

f:id:gk1024:20160723120303j:image

f:id:gk1024:20160723120525j:plain

f:id:gk1024:20160723120328j:image

 

午後11時過ぎにSFO着。サンフランシスコ寒い! BARTで帰宅。この時間でも、サンフランシスコのダウンタウンからは人が大勢乗ってくるのね。

f:id:gk1024:20160723120758p:image

 

今回の旅のお供は、山口敬之『総理』、清水節=柴尾英令『スター・ウォーズ学』。

*1:近くには、ディズニー・ランドにあるビッグ・サンダー・マウンテンのモデルとされるサンダー・マウンテンもある。

*2:帰宅後、御利益があったことが明らかになる。